A Happy New Year!!な、ごはん 2017
- 2017/01/04(Wed) -
あけましておめでとうございます。

いやはや、また更新できずに一ヶ月経ってました。
なにせ、年末から小姫→姫→たろちん→旦那、の順で胃腸炎になり
やっとみんな元気になったと思ったら、姫がインフルエンザ(A型)になり
いつものごとく見事に悪化して1週間熱が下がらず咳もすごくて(予防接種してるのに!)
年末残り3日!ってとこでやっと外出許可が下りるっていう・・・

まあ、それでもクリスマスもお正月もつつがなくお祝いできたので、まあよしとしましょう。


というわけでね。
頑張って買い出しも行って、おせち作りもして、大掃除もして(だってずっと家にこもってるんだもの!)
珍しく年末らしい年末を過ごしました。

3人子供がいると、なんかいつも赤ちゃんがいるんですよね。
で、私、掃除大っ嫌いだから、赤ちゃんがいるとそれを言い訳に大掃除しないんですがw
今年は姫が喜んでたろちんを預かってくれたので、やらないわけにいかなくてやりましたww

まあでも、大掃除さえ終わっちゃえば心置きなくおせちが作れるってもんです。


そんなわけで、今年のおせち。

まずは壱ノ重。

DSC_0723_20170104003003b31.jpg

・かまぼこ(飾り蒲鉾は松)
・柚釜入りのなます
・栗きんとん
・ひたし豆
・松前漬け


弐ノ重

DSC_0726_201701040030052ae.jpg

・大海老の含め煮
・紅茶豚


参ノ重

DSC_0725_201701040030036af.jpg

・お煮しめ


今回、そんなに種類は作りませんでした。
だって、入りきらないんだものー(ノД`)

一応、実家からもっと大きい塗りのお重を譲り受けることにはなっているので
来年はきっと!多分!!(今、母が必死で納戸を探してくれている)


元旦。
起きてまずはお餅を焼いて、お雑煮の準備。
あ、お餅も搗きました。ホームベーカリーで。

で、朝ごはんはお雑煮だけ。

DSC_0721_20170104003001bb1.jpg

鳥とかつおの出汁をしっかり効かせて、薄口しょうゆで調味するだけで美味しいお雑煮。
子供たちのお気に入りです。
たろちんはお餅なしでしたが、たくさん具を入れてあげたら、たくさん食べてくれました。
(さすがに可哀相なのでおにぎりとかあげました)


そして、お昼ご飯はおせち。

DSC_0743_201701040030063b4.jpg


と、姫と小姫が頑張って握ってくれた手毬寿司。


DSC_0758_20170104003020df1.jpg


3合分握ったけど、足りないくらいでした。


DSC_0764_201701040030228a2.jpg


そして、たろちんはきっと「どれ食べられる?」「これ触っていいの?」となるのが目に見えていたので
たろちんだけのお重を用意。

DSC_0768_201701040030230b0.jpg

きんとんが気に入ってたくさん食べて、おにぎりをもりもり食べて、楽しんでました。


姫と小姫は栗きんとんとなますとひたし豆が大好き。
旦那はお煮しめと大海老の含め煮。
小姫は大海老の含め煮にチャレンジして「美味しい!!」と喜んでくれました。
姫は食べられないんだよね、海老。
松前漬けは市販品。私しか食べないから、少量パックのやっすーーーーいやつw
紅茶豚はみんな好きだからね。たくさん作ってずっと食べるのです。


で、今年もスイーツおせち出したんだけど、写真撮り忘れた!
まあ、今年は大した内容じゃなかったからいいか。
来年は可愛いスイーツおせち作れるといいなあ。


で、夕飯は毎年恒例の蟹~(∩´∀`)∩ワーイ


DSC_0769_20170104003024213.jpg


カニ鍋にして食べました。

が、最後に私が蟹を食べようとしたら、たろちんの抱っこ抱っこ攻撃が始まってしまい・・・
旦那が食べられないでいる私を見て一言。

「早く食べてお母さんと代わってあげなさい。
お母さんはこの蟹を食べる為に1年間頑張ってるんだから!」





それ、ばらしちゃダメです(恥


(ちなみに旦那は食べてる真っ最中。姫と小姫はもうちょっとで終わり、のタイミングでした)


そんなわけで、食い倒れで始まった我が家の1年。
今年もよろしくお願いします。


来年の蟹の為に今年も1年頑張りますw
良い1年になりますように!ポチッとお願いします。



スポンサーサイト
この記事のURL | 我が家のこと | CM(0) | ▲ top
<<ここ最近とか初めてのインフルエンザとか。 | メイン | 公園三昧。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |