昆布の佃煮と姉妹。
- 2015/12/14(Mon) -
楽しかった土日が終わって月曜日。

たろちんは小姫を送りに行って帰ってきたらスコンとお昼寝。
そのまま3時間。

姉ちゃんたち帰ってくるまで、やることないから寝とくわ。

みたいな。

まあ、月曜日はよく寝るんですけどね。土日に遊びすぎて寝不足なのか、つまらないのか知らないけども。

おかげで家事が捗りました。
時間があったので、昆布の佃煮を大量に炊きましたよ。

DSC_0186_20151214213618e4c.jpg

こないだ、出汁をきちんと取ろうと決意して以来、ほぼ毎日出汁を取っているのですが
出汁がら昆布をそのたびに冷凍しておいてたんです。
それが200gほど溜まったので、全部細切りにしてじーーーーーーーっくりことこと。

1時間以上かけてじっくり炊いたので、昆布はふっくら柔らかく味も染みて美味しく出来ました。
市販のものに比べると、ちょっと甘めかな。次回はお砂糖少し減らそう。

子どもが出来る前はちょこちょこ炊いていた佃煮ですが、久しぶりに作るとやっぱり楽しい。
またせっせと出汁がら昆布集めよう。


それを並行して、私とたろちんのお昼も。

私は適当炒飯。

DSC_0182_20151214213616bc8.jpg

豚肉と大根葉とごろごろブロッコリー入り。


たろちんは

DSC_0185_20151214213617238.jpg

さつまいもとブロッコリーと豆乳のおかゆ。
寝起きだから量は控えめです。

3時間寝て、おなかペコペコで寝起きじゃ泣くかな~?と思ったけど、あっさり完食。
にっこにこでした。


さて、たろちんをいつも可愛がってくれる姫。

以前と比べると情緒的にもだいぶ落ち着いてきて、癇癪を起す回数も激減しました。
いや、心の中で嵐は吹き荒れているらしいんだけど、かなりコントロールできるようになったらしく。
人に八つ当たりすることもすごく減りました。
まあ、姫の場合は色々な事情が複雑に絡まり合ってるのもあるので、なんとかうまく本人が辛くないように
サポートしてあげられるといいなと思っています。

で、姫が可愛がっているのはたろちんだけではなく、小姫の事も溺愛しています。
喧嘩もするけどね。お互いに自我のぶつけあいでね。

でも音読してる姫にくっついて甘える小姫を抱っこして読んであげたり
甘えん坊になってる小姫をおんぶであやしてあげたり。

DSC_0065_20151214213614211.jpg
音読中なんだけどwww

なんだかんだと仲良しです。

なんか、最近たろちんを可愛がる姫の話ばっかりだったので、小姫のことも可愛がってるよーっていう
記録も書いておきたくなりました。
いつも一緒にいられるのはあと数年だしね。
大人になっても仲良しでいられますように。


よく考えたら姫がハタチでたろちんは中学生なのか。不思議だわ。
それはそれでなんだか楽しみな私にポチッとお願いします。



スポンサーサイト
この記事のURL | くっきんぐ | CM(0) | ▲ top
<<今日のごはん | メイン | 至福の土日。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |